中小企業のオンライン・マーケティング:58回 モバイル制覇がマーケティング勝者になり得るか?成果につながる顧客接点、その瞬間とはー7

こんにちは、中曽根です。

あっという間に2016年も年の瀬となりました。ほぼ月例更新となってきたソネブロも今回が今年のラストエントリーとなりそうです。
それではよろしくお願いします。

 

前回までのハイライト)—————————————

それでは続けましょう。

テーマ:ユーザーに役立つサイトになるために
ユーザーの行動を促す”僅かな瞬間/micro-moments”を4つに大別。

1. “それ”を知りたいと思う瞬間
2. “そこ”に行ってみたいと思う瞬間
3. “それ”をやってみたい/使ってみたいと思う瞬間
4. “それ”を買いたいと思う瞬間

では一つづつ、もう少し掘り下げてみましょう。
——————————————–

今回のテーマ
中小企業のオンライン・マーケティング:
58回 モバイル制覇がマーケティング勝者になり得るか?成果につながる顧客接点、その瞬間とはー7

 

4. “それ”を買いたいと思う瞬間

ユーザーを獲得するためのタイミングその4.

54回エントリーよりテーマ:ユーザーに役立つサイトになるために
の下に”その瞬間”について書いてきました。
このテーマは本エントリーで締めくくりとなります。
例えば、”5歳の子供に咳止めシロップを今購入したい”、”前回購入したのと同じ色の口紅が欲しい”などの状況ってありますよね。
化粧品売り場であっても、キッチンにいても、商店街など歩いている時も、スマホ普及の結果として、何時でも、何処でもユーザーが”それが欲しい、購入しよう”と思うその”瞬間”に企業は自社商品を販売するチャンスがありますね。

 

ユーザーの居る場所やアクセス時間、アクセスデバイスを手がかりにすることで、”ユーザーが欲した瞬間”に自社サイト・アプリをどのようにユーザーに役立たせ、購入に結びつける情報を提供できるかどうかが、これからのオンラインマーケティング成否の分かれ目となってきます。

 

この辺りは、以前のエントリー(第44回51回)でマルチデバイスとマルチアクセスの辺りでも触れました。

 

リアルショップにいても、モバイルサーフィン中でも、外出中にコールセンターに問い合わせた場合でも、”自分のニーズを満たしてくれる情報をその場で与えてくれれば、直ぐに購入に踏み切る”ということですね。ハッキリしてます。

 

 

では、データで見てみましょう。

スマホユーザー58%が、手軽に購入できる仕組みとなっているモバイルサイト・アプリの方から購入するだろう、としてます。*1
また、同59%が、そのようなサイト・アプリの企業の方が好感を持てると答えてます。*2

 

 

ここで米企業事例です。

自動車保険会社のイーシュアランス社は、ユーザーはスマホサイトを便利に利用している一方で、時にはオペレーターに直接問い合わせたいニーズもあるとして、広告にclick to call(コールセンター電話リンク)を設定しました。

これによって消費者の

 

”~~を知りたい”、
”もし、~~なら加入したい”、
”いい保険なら直ぐに加入したい”

 

などといった、ユーザーが欲っするその瞬間に対応出来る方法なら、何でも取り組
もうというその姿勢によって多くの新規ユーザーを取り込むことに成功したそうです。

 

その結果、同社は単年でスマホサイトのアクセスが200%アップし、スマホ経由で以前の3倍の顧客を獲得するに至ったとの事です。

最近は検索連動広告でも広告表示オプションメニューが本格的に稼動し始めましたね。コールアウト表示やサイトリンクなど積極的に利用したいところです。

 

Photo Credit: visitbasis via Compfight cc

 

さあ、これまでの4つのユーザーの行動を促す”僅かな瞬間/micro-moments”について

 

1. “それ”を知りたいと思う瞬間
2. “そこ”に行ってみたいと思う瞬間
3. “それ”をやってみたい/使ってみたいと思う瞬間
4. “それ”を買いたいと思う瞬間

 

これらを総括すると、最近のスマホユーザーは以前より増して移り気で、より使いやすく役立つサイトへと直ぐに遷移してしまう状況です。

 

自社サイトはこの状況についていけてますか?

 

ここで質問です!!
————————————————–

1.
自社業界、商品、サービスについて、ユーザーはどんな情報ニーズがあると思いますか?
2.
ユーザーは自社から購入したいと好意的でしょうか?かれらに最寄りショップ・ショールームなどの場所を提示したり、スマホサイト・アプリあるいは検索結果で在庫の有無やサービス中か否かなどをハッキリと提示できてますか?
3.
自社商品を用いてユーザーはどんなことをしますか(例えば、料理を作る、サービスなど予約する、怪我を予防するなど)?彼らが遭遇する”その瞬間”に彼らを手助けするハウトゥ動画コンテンツなどを公開してますか??
4.
自社商品はどのような場所で購入されますか? ショップ店内・ショールーム・商談会場などにいるあるいは外出中で、自社商品を購入/取引しようとしてくれているユーザーに対して、どれだけのオンライン・サポート体制を整えてますか?
————————————————–


B to C、B to Bに関わらず、モバイルコンバージョンの増加を目指すなら大きなヒントが見え隠れしてますね。

上記を自問して戦略を新たに立てる、見直すなど、これから出来るところからでもアクションしてみませんか?


最後の質問!!

さあ、皆さんモバイルコンバージョンに来年以降どう対応しますか??

 

今年もお付き合いありがとうございます。
次回不定期ですが、来年またお会いしましょう。

 


(参考引用)
Micro-Moments:Your Guide to Winning the Shift to Mobile/Google
*1*2 Consumers in the Micro-Moment, Wave 3, Google/Ipsos, U.S., August 2015, n=1,291 online smartphone users 18+.